ブログBlog

交通事故後のカラダヘの影響は??

    むち打ちについて


こんにちわ!
平山整骨院です!



交通事故でのむち打ちや腰の痛み、手首や膝など身体の全体的な痛みや、頭の痛みや耳鳴り、めまいや吐き気など様々な辛い症状が出ることがあります。


事故後数ヶ月たってから、他の病院にて治りきらず健康保険を使用して治療を受ける方が当院へ多く来院されています。


首のむち打ちの症状や耳鳴りの方はとくに多く見る気がします。





不意に強い衝撃が起こることによって、受け身をとることができない状態で受傷することが多いので、時間が経って後になってから痛みや重い症状が出ることがあります。こうなるとなかなか改善しずらくなってしまいます。


治るまでに長い時間がかかってしまうことにより諦めてしまう方や、症状が軽いことで放置をしてしまう人もいると思います。


自律神経のみだれや、しびれ、レントゲンでの異常がないと言われているのに痛みがひかない、夜に痛みが増したりすることもあります。




メンタルと痛みの関係は自律神経にも影響してきます。
精神的ストレス、栄養、睡眠、肉体的疲労、職場の人間関係、タバコ、生活習慣など全てを含めた割合で痛みは統合されます。
痛みは刺激でなく信号なので、痛みによって生活のバランスや習慣が変われば体の調子も変わってきます。


体の自然治癒能力も落ちてきてしまいます。



なかなか治らない痛みがある、違和感がなかなか抜けない、眠れないなど、長引く症状がある状態だと、上に書いたような他の環境ストレスにより自然回復力(免疫力)が落ちていることも関わっているかもしれません。


当院では、事故後時間が経ってなかなか抜けない症状にはストレスを抜く施術や代謝をあげる施術をおすすめします。

ハイチャージ(自然治癒力をあげる)



高気圧酸素(むち打ちの頭痛や身体の負担による症状)



長引く症状になる前に、なるべく早いケアが大切です。
長引いている症状がありましたらご相談ください。何かお力添えできたら幸いです。

おすすめの記事